おすすめ記事

【消費税増税】キャッシュレスで逆に減税?ポイント還元フル活用のお得な決済方法とは

2019年10月2日節約

クレジットカードとスマホ決済

Right Caption
やっぱり増税前に買い物したほうがお得でしょ?
Right Caption
「増税後にキャッシュレスで支払うとお得!」って聞いたけれどよくわからない…
Left Caption

クラウチ

キャッシュレスで支払うことで、増税後の方がお得になる場合もありますよ。この記事ではそのお得な制度についてご紹介します。

この記事では消費税増税(8%→10%)に合わせて実施される「キャッシュレス・ポイント還元事業」(以降「ポイント還元制度」と表記)についての紹介と増税分以上お得になるキャッシュレス決済の方法についてご紹介します。

増税後に開始する「ポイント還元制度」とは

2019年10月1日から消費税が8%→10%に増税されます。これに合わせて安倍政権が打ち出したのが「ポイント還元制度」です。

対象店舗や決済方法などに様々なルールがありますが、基本的にはキャッシュレス支払いをした場合に5%分がポイント還元される。と理解しておけば良いでしょう。

元々は増税分の2%の還元を予定していたそうですが、消費の落ち込みなどを懸念して、増税分を上回る還元率5%で実施されます。

また、「ポイント還元制度」の実施期間は9ヶ月となっており2019/10/1〜2020/6/30の期間となっています。目安としては東京オリンピックの開催までの実施。と覚えておきましょう。

ポイント還元で逆に減税?

上記の5%還元を見ていただければわかりますが、5%ポイント還元されると、増税分の2%以上お得になっています。

増税前に駆け込みで高額商品を購入する傾向がありますが、今回の場合、増税後に支払うほうがお得になっており、もはや何が何だかわからなくなっています。

バラ撒きとも言われている政策にはなりますが、これを生かさない手はないでしょう。

1つ注意点ですが、ポイント還元の対象はクレジットカードやデビットカード、電子マネー決済で支払いをした場合となります。(現金で支払うとポイント還元は受けられませんので注意しましょう)

お得な決済方法3選

では何で支払うのが最もお得なのかというと、それは「○○Pay」などの電子マネーです。

クレジットカードやデビットカードも「ポイント還元制度」の対象ですが、電子マネーの場合、通常実施されているポイント還元率に加えて今回の「ポイント還元制度」分が上乗せされている場合が多く、実質8%〜10%還元されるケースがあります。

実質消費税分が丸々お得になります!

以下では増税後の「ポイント還元率が高い」、「利用可能店舗が多い」などを総合しておすすめの決済方法を3つご紹介します。

楽天ペイ

管理人が最もおすすめなのがこの「楽天ペイ」です。

楽天ペイ(アプリ決済)で支払うと対象店舗全てで5%還元されます。楽天ペイの対象店舗は非常に多く、コンビニや飲食店など、普段よく利用するお店ではほとんど対応しています。

また、楽天市場でも楽天ペイは使用できるため、SPUなどのキャンペーンと併用することで10%以上のポイントを得ることが可能になります。

私も楽天経済圏でポイントを多くGETしており、普段使いは楽天ペイで支払いを行う予定です。

PayPay

特定の場面や時期で最も還元率が高くなるのが「PayPay」です。

PayPayでは2019/10/1〜2019/11/30の期間でキャペーン「まちかどペイペイ第1弾」を開催します。

これは通常利用分1.5%に加えて3.5%分のポイント還元。さらにポイント還元制度の制度の5%が上乗せされて、キャンペーン期間中はなんと10%の還元率を誇ります。

まちかどペイペイのキャンペーンページ

キャンペーンの対象店舗は中小店舗に絞られていますが、時期や店舗に合わせてPayPayを使うことで最も多くポイント還元を受けることが可能です。

また、2019/10/5は「PayPay感謝デー」のキャンペーンが実施予定で、最大20%還元や50回に1回無料になるおなじみのキャンペーンですのでこの期間はPayPay1択となります。

LINEPay

LINEPayは現在消費税増税に対するキャンペーンを出していません。

ですが、今後他社と同様のキャンペーンを打ち出す確率が高いです。また、LINEPayは特定の場面での支払いにおすすめなんです。それは水道料金です。

管理人はネット銀行を利用していますが、東京都の水道料金はネット銀行の引き落としに対応していません。これがLINEPayであれば、QRコードを読み込むだけで支払い可能。さらにポイントも還元されるため、公共料金の支払い用としてLINEPayを利用しています。

東京都の場合、水道料金を口座引き落としにすることで、50円の割引が受けられるのですが、ご自身が持っている口座が大応していない方もいるのではないでしょうか。

このように、LINEPayであれば支払い可能であるケースがあるため、消費税増税に対するLINEPayのキャンペーンがあるのか逐一チェックしておきましょう。

【追記】実際に安くなった

増税後の10月2日に実際にコンビニでキャッシュレス(Edy)支払いをしたところ、
レジの表示金額が変わり、金額が安くなりました!(お得感がダイレクトに味わえます)

一度これを体験するともう現金支払いがもったいなく感じてしまいますね。
みなさんもどんどんキャッシュレスで支払いしていきましょう。

まとめ

増税後のポイント還元制度をお得に活用するために、臨機応変に電子マネーを使い分けていきましょう。

電子マネーで支払うことで、お得なだけではなく、現金で支払う煩わしさからも開放されて小銭を持ち歩くことも不要になります。

みなさんもキャッシュレス決済を活用してスマートかつお得に普段の支払いをレベルアップしてみてはいかがでしょうか。